ヘッダー CSS

ヘッダーJS

ヘッダー

フォーム用CSS&JS

Page固有JS

Page固有CSS

とうがくライフ

卒業生たちの活躍

中桐 梓さん

食を通して、
地域の健康づくりを支えます

中桐 梓さん

松阪市民病院
2014年3月卒業 健康栄養学部 管理栄養学科
中桐 梓さん (三重県立相可高等学校出身)

食を通して、
地域の健康づくりを支えます

調理師をめざし高校は調理科に所属していましたが、病気を患った祖父が食事制限に苦しんでいる姿を目の当たりにして、臨床栄養の道に進みたいと一念発起。臨床栄養分野を学べる環境や、管理栄養士国家試験の合格率の高さから、東海学園大学に進学しました。

在学中の一番の思い出は、やはり臨地実習。現場の厳しさに直面する毎日でしたが、高齢者向けの献立づくりなどを経験し、臨床栄養士のやりがいを改めて感じました。期待していた国家試験対策も想像以上の手厚さで、大変だった国家試験を乗り越えることができたのも、一人ひとりに寄り添った学部のサポートのおかげです。

当院では主に整形外科、消化器内科の入院患者さんの栄養管理を担当し、日々のカウンセリングから栄養計画書や献立を作成しています。また、チーム医療の一員として参加するリハビリテーション栄養カンファレンスでは、医師や作業療法士と連携し、栄養面からリハビリ効果を上げるための身体づくりを支えています。周りとの協働が必要不可欠な毎日の仕事を通して、大学で学んだ「共生」の精神を意識する機会も増えました。今後はさらに視野を広げ、自宅療養の患者さんや高齢者の方が家にいながら食事療法に取り組める環境を整備し、食を通して地域に貢献していきたいです。