とうがくNAVI 東海学園大学 受験生サイト

スポーツ健康科学科

スポーツと健康を幅広く学べる環境が魅力
最新鋭の設備を使用した実習・実験も充実
スポーツ科学、健康科学にもとづく3つのコース。身体運動を科学的に捉える力を高めます。
実験や実習を多く取り入れ、講義で得た知識の理解を深めるとともに、学外での実習で実践的に課題を解決する力も養います。保健体育教諭やトレーナーなど、めざす将来に合わせたサポート体制も充実しています。

学びのPOINT

1年次からゼミを開講

少人数クラスで、考え・表現する力を養う
少人数クラスで、考え・表現する力を養う
1年次から、少人数のゼミ形式の演習科目を開講しています。担当教員の指導によって、スポーツ健康科学の基礎知識や大学での勉強に必要な考える力、表現する力を養います。そして、ここで生まれた興味・関心をもとに、より専門性を深めます。

関心を深めるコース制

サンプル画像2
3つのコースから自由に選べる
「スポーツ教育コース」、「スポーツコーチコース」、「健康トレーナーコース」を設置しています。関心のある分野を自由に選択し、幅広くかつ深くスポーツと健康の理解に役立つ知識と技術が習得できます。

現場実習が充実

サンプル画像2
各種施設を訪問し、実際の仕事を現場で体験
スポーツの実習においては、トップアスリートとして実績ある教員から、直接指導を受けることができます。また、学内での実験や実習に加えて、学外の施設での実習も数多く行います。スポーツ施設などで、実際の仕事を体験することで将来像が具体的に描けます。

教員採用試験、資格取得を徹底サポート

スポーツ・健康に関わる資格取得が可能
毎年、教員採用試験や健康運動指導士試験の合格者を輩出しています。その他にも、スポーツ、健康に関連した多彩な資格を在学中に取得することが可能です。これらの資格取得に向けて1年次から計画的なサポートを行っています。

健康社会を築くエキスパートの養成

サンプル画像1
優れた指導者になるために
多くの卒業生が、中学校・高等学校教諭(保健体育)として、競技スポーツの指導者として、あるいは、健康運動指導士、健康運動実践指導者、スポーツジムなどのインストラクター、企業の健康管理担当として、健康社会の構築に貢献しています。スポーツ健康科学科では、こうした実績を引き継ぎ、子どもから高齢者まで、一般人からスポーツ選手までを、適切に指導できるエキスパートの養成教育を更に発展させていきます。

目標とする資格・免許

■中学校教諭一種免許状(保健体育)
■高等学校教諭一種免許状(保健体育)
■小学校教諭二種免許状(玉川大学通信教育課程)※
■健康運動実践指導者
■健康運動指導士
■初級障がいスポーツ指導員
■スポーツリーダー
■公認水泳コーチ
■レクリエーション・インストラクター
■トレーニング指導者

※協定校(玉川大学通信教育部)の通信課程を履修、単位修得することにより小学校教諭二種免許状を取得できます。
めざす進路を深く学び、将来につなげる3コース
コース将来の目標・進路
スポーツ教育コース
保健体育教諭をめざす
自ら手本を示して指導できる、実践力に優れた保健体育教諭を養成します。陸上、テニス、水泳、器械運動、スキー、剣道、ダンスなど、学校現場で行われる幅広い種目、採用試験で実施される種目に対応できるよう実技能力を高めます。また、表現が豊かで人間味あふれる人材の育成にも力を注いでいます。
■中学校・高校の教諭(保健体育)、小学校教諭など
スポーツコーチコース
アスリートと一緒に、夢をめざすコーチになる
次世代のアスリートを育てる、スポーツコーチをめざすコースです。コーチとして必要な知識・スキルを幅広く学びます。各種資格を取得する上で役立つ科目が充実しており、日本体育協会から「スポーツ指導者養成講習会免除適応コース」の認定を受けています。また、保健体育教諭免許の取得も可能です。
地域スポーツ・生涯スポーツ指導者、競技スポーツコーチ など
健康トレーナーコース
みんなの健康を楽しくつくる、運動のトレーナーになる
職場や地域での健康づくりリーダーとしての指導力・企画力を伸ばします。少子高齢社会における健康に関するさまざまな問題解決にスポーツ・運動指導を通して貢献する「健康運動指導士」、「健康運動実践指導者」を養成。健康増進施設でのインターンシップやスポーツ栄養について学べることも特色です。
■健康増進施設、医療機関、保健センター、福祉施設などのトレーナー、運営スタッフ、公務員、企業の人事、従業員の健康管理担当 など

スポーツ健康科学科topics

実習を通じて危機管理を考える

supo学科topics
多彩な実習を通じて、スポーツに関する技術や知識、危険から身を守る方法を学びます。マリンスポーツ実習では、風や波といった自然を相手にすることの難しさを実感。事故を起こさないためには何をすべきなのかを仲間とともに考え、実践に移す力を身につけます。