• https://formserv.jp/6054/1
  • 交通アクセス
facebookLINE@Instagramearthquake

就職・キャリア

卒業生たちの活躍

サンプル画像
相手の反応から望んでいることを探る
心理学を学べば理解の幅が広がる

私は今、病院の介護士として入院患者さんの身の回りのお世話をしています。高校では福祉を学ぶコースに在籍していましたが、大学では福祉以外の学びに触れて自分の視野を広げたいと考え東海学園大学へ進学しました。心理学科を選んだ理由は、福祉の勉強をする中で、相手の反応から希望を吸い上げるには心理学の知識が役立つのではとの思いがあったからです。心理学の基礎学習や実験を通じて、どんな些細なきっかけでも心は変化することを学べましたし、まだ解明されていない分野も多いと聞き、だからこそ人間は複雑なのだと納得したことを覚えています。ゼミでは、さまざまな福祉施設を訪問して現場から実務を学ぶ機会を得ました。その一環としてブラジル人学校のボランティアに参加し、卒論では、外国で暮らす子どもの精神発達をテーマにまとめました。言葉が通じない子どもも少なくなかったのですが、心理学の知識によって理解の幅は広がるのだと実感できたことが印象に残っています。また、そこで得た経験は今の仕事で言葉が出にくい患者さんに接する際、表情やしぐさから相手が望んでいることを理解する上でも役立っています。私が担当する患者さんたちはご自宅へ戻りたいと考えている方が多いので、必要なお世話をすると同時に自立のための支援も行い、退院できる患者さんを増やしたいです。

刈谷豊田総合病院 東分院
2012年3月 人文学部 心理学科卒業
榊原 陽太さん (愛知県立岡崎東高等学校出身)