とうがくNAVI 東海学園大学 受験生サイト

就職・キャリア

キャリア教育プログラム

一人ひとりの目標実現に向けたキャリア教育プログラム

早期からのキャリア教育により育まれる「職業人」意識の形成
本学では大学卒業後の進路や、将来の職業に関する考え方・能力を段階的に身につけるため、1年次には全学共通科目として「キャリアデザインⅠ・Ⅱ」が開講され、2年次以降はそれぞれの進路に合わせたキャリア教育プログラムが用意されています。「キャリア・ディベロップメント・プログラム(CDP)」「公務員サポートプログラム」「教職サポートプログラム」の3種類のプログラムがキャリア開発センターによって運営され、夢実現のための実践的な能力向上をサポートします。
キャリア教育プログラム

全学共通科目 「キャリアデザインⅠ・Ⅱ」

職業観・勤労観という観点から、これから自分の進むべき道について考えていきます。社会の中で将来の夢を実現させていくためには、今自分が何をなすべきか、大学生活の目標をどのように設定すべきかについて適切に認識し、その達成のためにはどのような知識やスキルが必要であるのかについての理解を深めます。また、コミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルなどの社会で必要なスキルの向上もめざします。全学共通科目ですが、各学部の特性に合わせた授業構成となるよう工夫がされています。

キャリア・ディベロップメント・プログラム(CDP)

企業への就職をめざす学生を対象に、自己PR文作成から筆記試験・面接対策まで就活に必要なすべてのサポートを行います。また、就職に有利な資格取得やインターンシップ等についての支援も行います。東海学園ネットワークを利用し、企業からの最新情報が得られます。

公務員サポートプログラム

公務員の職種はさまざまですが、共通しているのは基礎的学力が重要であるということです。本プログラムでは、幅広く出題される教養試験の対策を徹底して行います。また二次試験対策として模擬面接等を行い、合格する為の実力向上をサポートします。

教職サポートプログラム

本学では5学部すべてが教職課程の認可を受けており、多くの学生が教職をめざしています。本プログラムは、教職をめざす学生に対し教員採用試験の対策を徹底して行います。キャリア開発センターには専任の教職支援担当職員が常駐しており、充実した個別指導の体制も整っています。