• https://formserv.jp/6054/1
  • 交通アクセス
facebookLINE@Instagramearthquake

キャンパスライフ

海外留学制度

グローバル社会で活躍できる人に
本学では海外留学制度によって、国際社会の一員として生きる力を育む機会を設けています。
指定大学では、単位認定制度や奨学金制度も充実しており、安心して学べます。
学生時代の異文化体験が語学力アップに繋がり、また自分の新しい可能性を見つける機会にもなります。

留学先

アベリストゥイス大学 [英国]

アベリストゥイス大学
英国
1872年創立の名門総合大学。ウェールズ地方の海岸線が美しいところにあります。英語の他、文化も学べます。
■ 語学・文化系プログラム
長期期間/約5ヵ月間
短期期間/2週間・約1ヵ月間
■ スポーツ・健康系プログラム(短期)
夏休みの3週間留学して、スポーツサイエンスの実習、英語・文化の学習、スポーツ施設などの訪問をします。

ウルヴァーハンプトン大学 [英国]

ウルヴァーハンプトン大学
英国
教育機関としては19世紀にさかのぼる総合大学。バーミンガムから車で30分ほどのところにあります。英語の他に多数の実習や、選択科目があります。
■ 語学・文化系プログラム
長期期間/約5ヵ月間
短期期間/約1ヵ月間

クイーンズ大学 [カナダ]

クイーンズ大学
カナダ
トロントから列車で2時間程の美しい街、キングストンにある名門総合大学。
人文学部の“School of English”で英語とカナダの文化を学びます。
■ 語学・文化系プログラム
長期期間/約3ヵ月間
短期期間/3週間・約1ヵ月間

インサーチ・シドニー工科大学 [オーストラリア]

インサーチ・シドニー工科大学
オーストラリア
シドニーの中心地にキャンパスがあり、有名なオペラハウスやハーバーブリッジまでは歩いて数分の距離。世界的に認められている実地教育を基盤とし、英語と共にオーストラリアの文化も学べます。
■ 語学・文化系プログラム
長期期間/約5ヵ月間
短期期間/5週間

モナッシュ大学 [オーストラリア]

モナッシュ大学
オーストラリア
ビクトリア州内に6つのキャンパスを持つ、世界でも最大規模の名門校。留学生は一人ひとりの英語力に合わせたクラスで学びます。
■ 語学・文化系プログラム
長期期間/約5ヵ月間
短期期間/約5週間
■ 教育交流系プログラム(短期)
夏休み春休みの3週間留学して、英語を学ぶとともに現地の学校などを訪問します。
(プログラムの実施時期と大学は変更する場合もあります。)

国立台湾師範大学 [台湾]

国立台湾師範大学
台湾
台北市内にある名門大学。国語教学センターで中国語の初歩から学べます。また、文化・芸術等の実習もあります。
■ 語学・文化系プログラム
長期期間/13週間
短期期間/3週間
●上記の指定大学の他に、人文社会科学大学(ベトナム)・ハノイ国家大学(ベトナム)と提携しています。

奨学金制度 ●返還の義務はありません。

■ 語学・文化系プログラム
下記の奨学金制度があります
(1)長期留学する学生全員に、30万円を奨学金として支給しています。
さらに
(2)長期留学する場合、帰国後半年以内に下記の基準を満たした学生には、右表の奨学金が加算されます。
※短期留学には奨学金は適用されません。

TOEFL(iBT)TOEFL(PBT)加算支給額
45
450
300,000円
61
500
500,000円
79
550
600,000円
100
600
700,000円
アベリストゥイス大学
■スポーツ・健康プログラム(短期)
●参加者15名まで奨学金7万円を支給しています。
モナッシュ大学
■教育交流プログラム(短期)
●参加者15名まで奨学金7万円を支給しています。

Study Abroad in Canada and UK 留学体験

カナダ 長期留学(クイーンズ大学)

人文学科 4年
平山 裕香子さん
(東海学園高等学校出身)

ボキャブラリーの不足を地道に克服
高校の頃から海外留学に興味があり、満を持して留学の日を迎えました。自分なりに英語の勉強を続けてきたつもりではいたのですが、英語圏でしっかりコミュニケーションを図るには、自分のボキャブラリーでは足りないと改めて気づかされました。もっと理解できる言葉を増やさなければと、友人やホストファミリーとの会話の中でわからない単語が出てきたらその場でメモすることに。相手に教えてもらったり、あとから辞書を引いたりして地道に覚えていきました。

異文化での生活が、自分の自信となった

ホストファミリーはとても優しく、アイスホッケーの試合に出かけたりハロウィンパーティーに参加したりと、ホストファミリーとの楽しい思い出が数多くできました。また、大学の日本文化研究サークルが主催するホームパーティーに参加する機会があり、そこで仲良くなった友人たちとは今もSNSなどで交流を続けています。帰国したばかりですが、すでに次はいつ海外に行こうかと考えています。日本と違う環境に身を置いた経験が、自分に自信を与えてくれました。

英国 短期留学(アベリストゥイス大学)

スポーツ健康科学科 3年
伊藤 佑一さん
(名古屋市立北高等学校出身)


スポーツは共通言語であることを実感
社会に出る前に海外で学ぶ経験がしたいと、留学を決意しました。イギリスでは英語やスポーツサイエンスなどを学びました。また現地のスポーツ施設などを見て回り、日本とのスポーツへの取り組み方の違いを実感。また、他の国から来ている留学生たちとの出会いも大きな刺激となりました。初めはコミュニケーションを取れず苦労しましたが、ある日みんなでサッカーをしたことで、一気に距離を縮めることができました。共通言語の重要性を痛感するとともに、スポーツの偉大さも感じた瞬間でしたね。

視野が広がり、新しい教員像を見つけた
海外の大学で学ぶことに不安はありましたが、挑戦したという気持ちが私を確実に成長させてくれました。異なる国の文化に触れ、さまざまな価値観を持つ人々と知り合えたことは、自分の視野を大きく広げることにもつながりました。今後も積極的に海外に出て、まだ知り得ていない価値観や文化に触れたいと考えています。私の夢は教員になること。将来、留学を機に知った世界の広さや文化の多様性、挑戦することの楽しさを生徒に伝えたいと思います。